HOME » そもそも抜け毛の原因とは? » 男性の抜け毛

男性の抜け毛

薄毛や抜け毛には、個人差があります。とはいえ、その原因を探ってみるといくつかの共通項が見えてきました。薄毛・抜け毛の原因をここでまとめてみましょう。

生活習慣・遺伝・ストレスによる薄毛…AGAの原因

 生活習慣による薄毛

日頃の食生活やアルコールの過剰摂取は薄毛や抜け毛の原因となってしまいます。健康的な毛髪を保つには、栄養バランスのとれた食事が大切です。毛髪をつくるためのたんぱく質、その代謝を助ける補酵素のビタミンやミネラルも欠かせません。つまるところバランスの良い食生活が毛髪には大事なのです。

またお酒やたばこなどの嗜好品にも要注意。お酒は適量なら問題ありませんが、タバコは控えた方が賢明です。ニコチンは血管を収縮させる働きがありますので。

 遺伝的な要素による薄毛

薄毛に対する遺伝はいろいろ言われていますが、薄毛そのものが遺伝するというよりは、薄毛になりやすい体質を受け継ぐといったところが本当のようです。

薄毛は男性ホルモン(テストロン)が大きく関係しています。遺伝的に男性ホルモンの分泌量が多いほど抜け毛・薄毛も多いもの。また男性ホルモンによる原因で薄毛になりやすい体質というのは遺伝すると言われています。

 ストレスによる薄毛

ストレスが頭髪に及ぼす影響も軽視できません。

ストレスが直接薄毛の原因になるわけではありませんが、ストレスなどで緊張すると筋肉が収縮して血管が細くなり毛根部に栄養分が十分運ばれなくなり、毛髪が育たなくなるという説もあります。ストレスはためず体全体の代謝バランスを整えることが毛髪には必要です。

 不適切なヘアケアによる薄毛

髪を洗わないで放置したり、逆に過剰にシャンプーをすることで頭皮を傷つけてしまうことも薄毛の原因になります。

帽子やヘルメットなどの着用は頭皮が蒸れやすいため、毛髪に十分な栄養が行き渡らなくなる要因とも考えられています。いずれにしても、常日頃から頭皮を清潔に保つことが薄毛・抜け毛対策になります。

AGA(男性型脱毛症)セルフチェック

AGAは抜け毛・薄毛がゆっくりと進行していきます。また、額の生え際や頭頂部の髪が、どちらか一方、または双方から薄くなります。毛包が十分に成長しないため、髪の毛が太く長く育たないうちに抜けてしまいます。

自分がAGAかどうか、簡単にセルフチェックしてみましょう。

Q.父、父方の祖父母のいずれかが薄毛ですか?
Q.母、母方の祖父母のいずれかが薄毛ですか?
Q.以前に比べて抜け毛が増えましたか?
Q.産毛のような細く短い髪ですか?ハリやコシがありますか?
Q.思春期以降に髪が薄くなりましたか?
Q.薄毛が徐々に進行していますか?
Q.額の生え際から髪の毛が後退していますか?
Q.頭頂部の髪の毛が薄くなっていますか?
Q.額の生え際と頭頂部の両方が薄くなりましたか?

これらの質問にYesが多い人はAGA(男性型脱毛症)の疑いがあります。

ただし、AGAでは普通、薄毛になっていても、うぶ毛は残っています。毛包が存在している限り、髪の毛は太く長く育つ可能性があります。決してあきらめる必要はありません。

早めに医師の診断を受けて、適切に対処して自分の髪を取り戻しましょう。

発毛クリニックに行けば、髪はよみがえる可能性はある程度高い。しかし、高額な費用がかかったり副作用があったりすれば、治療を続けるのは厳しいのが現実だ。

そこで、効果が高い、費用に無理がない、安全性が高い発毛クリニックはどこか、筆者が潜入した発毛クリニックを比較ランキングにまとめたので、是非読んでほしい。