育毛剤

育毛剤は抜け毛や薄毛の原因を抑え、頭皮に生えている髪の成長の手助けをするものです。

「男性ホルモン抑制」「血行促進」「毛母細胞の活性化」「毛根への栄養補給」と、広く育毛剤と呼ばれているものの中でもその作用で4種類に分類ができます。

髪の成長を促す効果がある育毛剤を選ぼう

育毛剤を選ぶ上で大切なことは、自分の症状や原因にあったものを選択すること。ハゲの原因をしっかり理解して、その原因にピンポイントで効果を得られる育毛剤を選ぶようにしましょう。

毛髪は他の臓器や細胞と同様に血液から栄養と酸素をもらい成長するわけです。この頭皮の血流が悪くなることからハゲや抜け毛、薄毛が起こります。

この問題を解決する強い味方として最近注目を集めているのが「VEGF」(Vascular Endothelial Growth Factor)と呼ばれるたんぱく質です。

ちょっと難しい名前ですが日本語に訳すと「血管内皮細胞増殖因子」と呼ばれるものです。

このVEGFは新たな血管を作り出すのに必要な物質で、血行促進に深く関わることがわかり、昨今育毛剤で使われ効果を発揮しています。

医療用の育毛剤として使われることが多く、副作用など安全性の点を考えても医師の診断の上で処方してもらうのが賢明です。

育毛剤を使用する時の注意点

育毛剤の効果効能

費用面でみてみると、効果が期待できる医療用の育毛剤では1ヶ月分で15,000円前後の費用がかかります。

また育毛シャンプーと同様に、添加物や合成物質が入っている育毛剤には要注意してください。シャンプーとの相性が悪いと効果を打ち消しあってしまうこともあります。頭皮環境が整っていないと、どんなに良い育毛剤も効果を発揮してくれませんから。

また湿疹や腫れが頭皮に出た場合は、肌に合わない可能性があるので、直ちに使用を中止すること。2~3日様子を見てから再開してください。

複数の育毛剤の併用を勧める人もいますが、たくさん使用すれば良いというものでもないそうです。併用することで逆効果になってしまう可能性もあるので要注意が必要です。

これら注意点を鑑みても、医師に相談して自分の頭皮にあった育毛剤を選ぶようにするのが、結果や効果、安全性を得る意味でも得策ではないでしょうか。

育毛剤がより効果を発揮する使い方

育毛剤の種類によっても異なりますが、基本的には育毛剤の効果が作用している時間というものは比較的短いものです。ですから効果を発揮するためには、頭皮にできるだけ育毛剤の成分を維持させることが重要になってきます。

そのためには、まず量よりも回数を分けて多くつけること。さらにつける時に頭皮をマッサージして血行促進を意識しましょう。クリニックの血行促進療法と組み合わせても良いでしょう。

育毛剤を塗布するときには、毛髪そのものではなく、頭皮に直接すり込むように気をつけ、指の腹でマッサージをしながら塗布するようにします。育毛剤が頭皮にまんべんなく行き渡るようにしましょう。

発毛クリニックに行けば、髪はよみがえる可能性はある程度高い。しかし、高額な費用がかかったり副作用があったりすれば、治療を続けるのは厳しいのが現実だ。

そこで、効果が高い、費用に無理がない、安全性が高い発毛クリニックはどこか、筆者が潜入した発毛クリニックを比較ランキングにまとめたので、是非読んでほしい。